猿とモルターレ 〜人々が親しみ集う憩いの古民家リノベーションカフェ〜

このページをシェアする
店名 猿とモルターレ
住所 大阪府岸和田市山直中町577-1
交通アクセス 阪和自動車道 岸和田和泉I.C 下車3分 和泉中央駅から2,992m
電話番号 072-424-3231
営業時間

9:00〜17:00 日曜営業

定休日 水曜日、不定休
取材日 2022年2月10日
リンク

こんにちは!カフェ巡りが大好きなライターのみくです୨୧
テストが終わったとき・・・大変なお仕事が無事終わったとき・・・
ホッと一息つきたいとき、たくさんありますよね・・・

そんな皆さんに今回紹介するのは 猿とモルターレ さんです!
築70年!古民家をリノベーションして作られた岸和田市のカフェ♪

店舗 内観


自家焙煎で新鮮な豆が使用された スペシャリティコーヒーをいただくことができます!!


自家焙煎機


(写)カフェラテ 550円

おすすめメニュー


スパイスカレー (ドリンク付き) 1,200円


2日間かけてスパイスから仕込む“本格スパイスカレー”
色鮮やかで写真映えもします♪スパイスカレーで温まった後に飲むアイスコーヒは最高です!!

季節のパフェ(写)いちごのパフェ ※季節によってフルーツと値段も変動します


旬のフルーツを堪能できる“季節のパフェ”
季節感を味わえる上に、様々なスイーツが詰め込まれているので
最後の一口まで楽しめるパフェです♪

民泊施設


なんとカフェだけでなく、一組限定で宿泊することができるんです!

宿泊施設

ドラえもんになれる!?


押し入れを活用したこのベッドはお子様に大人気です♪


宿泊施設
漫画もたくさんあります♪
ファミリーの方に超おすすめです!絶対泊まるべき!!!

最近では竹灯りも設置され、とても映えます★
ファミリーの方だけでなく女子会にもピッタリ!!

“猿とモルターレ”の名前由来

「サルトモルターレ(saltomortale)」はイタリアのサーカス用語で「決死の大ジャンプ」を意味します。その内、「サル」を当て字とし、「猿とモルターレ」としたそうです。

なぜ古民家なのか?

レトロなものが好きで、この木の落ち着く雰囲気をお客様にこの場で味わってもらいたいということで古民家を選びました。
「三粒の種」という泉州野菜を使用したランチのお店も経営されています。「猿とモルターレ」は「三粒の種」の次にできた2店舗目です。空き家の古民家を活用して、様々な店舗を増やしていき、“この泉州を自分たちのまちにしていければいいな”という思いを持って、古民家を選んで経営されています。

“猿とモルターレ”を全国へ

“猿とモルターレ”をもっと広く全国へ広めていきたい!
地元感を根付かせ、気軽にちょっとした休憩の場所作りに励まれています!

店舗 外観

皆さんも是非、古民家カフェ“猿とモルターレ”で至福なひと時を!!!

STORE PROFILE

飲食店概要

店名 猿とモルターレ
住所 大阪府岸和田市山直中町577-1
交通アクセス 阪和自動車道 岸和田和泉I.C 下車3分 和泉中央駅から2,992m
電話番号 072-424-3231
営業時間

9:00〜17:00 日曜営業

定休日 水曜日、不定休
取材日 2022年2月10日
リンク
飲食店一覧へ戻る