ごはんとおやつ ひなたぼっこカフェ

このページをシェアする
店名 ごはんとおやつ ひなたぼっこカフェ
住所 大阪府阪南市箱作307豊大マンション101
交通アクセス 南海本線「箱作駅」より徒歩1分
電話番号 070-1795-0112
営業時間

午前11時から午後5時

定休日 日曜日、月曜日、木曜日(ワークショップのため)
取材日 2022年2月3日
リンク

こんにちは🌞
ライターのナツです!今回ご紹介させていただくのは阪南市箱作駅から徒歩1分のところにある「ひなたぼっこカフェ」さんです!


店舗の外観
こちらのカフェを運営しているあつこさんはとても暖かく笑顔の素敵な方で、まさに「ひなたぼっこカフェ」というお名前にふさわしいような人柄をされていました♪♪

―店名の由来・始めたきっかけ―

来てくれるお客さんが安心できるような温かい気持ちで過ごせる場所にしたいということから名付けられました。
元々人に自分が作った料理を食べてもらうことが大好きで、あつこさんのお子さんたちが成長したことをきっかけにお店を始めようと決心したそうです。
 

―お客様層・雰囲気―

おじいさん、おばあさん、ママさんたちを中心に多くの地元の人々に愛されています!ママ友会なども開かれるそうで、にぎやかでありながらも落ち着いた雰囲気のお店です!

店舗の内観

―おすすめ・人気メニュー―

日替わりで行ってからのお楽しみ✨
・ひなたぼっこ定食(AorB) 1000円(税込)
・ひなたぼっこスペシャル (A+B)1200円(税込)
AとBの二種類が用意されていて、それぞれお肉と海鮮がメインの定食になっています!!
両方おいしそうで選べない!という方にはスペシャルがいいですね♪来られるお客様もスペシャルを頼む方が多いそうです!

日替わりメニュー
メインのほかにも、日替わりのお惣菜メニュー、ごはん、あおさのお味噌汁、お茶、サラダ、デザート一品がついています!

 

 ・おはぎ三種 500円(税込)


おはぎ三種
あつこさんはあんこが好きで、特に白あんにこだわりがあるそうです。通常白あんは、白インゲン豆を使用して作られることが多いのですが、こちらでは白小豆を使用して作っているそうです!!
ちなみに期間限定のいちご大福にも白あんが使われています!

・グリーンティー 450円(税込)


グリーンティー
お知り合いの方が京都のお茶園をされていて、そのお茶園で丁寧に栽培された茶葉を石臼で挽いて抹茶にされたものを使われているそうです。日によって、抹茶オレもあるようなのでお茶・抹茶好きにはぜひ行っていただきたいです!!
グリーンティーは人気のある商品で、お持ち帰りパック(432円〈税込〉)もあります!
家に持ち帰って味わいたいという方はぜひ!!
 

―期間限定―

・いちご大福 300円

和歌山県で自然農法で作られている農家さんの苺を使っていて、たべるとみずみずしい食感とともに苺の甘みと白こしあんの甘みを贅沢に味わえます🍓
 
🌟いちごパフェも新しく作る予定だそうです!!
(いちご商品【1月中旬~4月頃まで】※入荷の状況により変動する可能性があります)
他シーズン・イベントではその季節ごとに新しい商品を作っていて、私が特に目を付けているのがパフェです!秋から冬にかけて、栗大福やお芋パフェ、クリスマスパフェがあってとってもおいしそうなんです💖皆さん要チェックです!!

使用される食材はできるだけ安全な、農薬・添加物の少ないものを使用していて、おいしさはもちろん、健康にも気遣っているところがさすが主婦さん!!
ちなみにお客さんが気に入った料理があれば、レシピも教えてくださるそうなので作りたい!という方は聞くしかないですね♪

今はお弁当の販売もしていて、Instagramでも販売状況を発信してくれています!
売り切れになることも多い程人気商品なのでこちらも要チェックです!!
 

―おすすめの時間帯―

現在は入店を予約制にしていて、人目を気にせずゆっくりしたい人には14時頃からがおすすめです!
コロナ対策の影響で座席数を本来14席から8席に減らしていて、基本的に店内に入られるお客様は三組程度だそうです!
カウンター席もあるのでおひとりさまでのんびり過ごすのも素敵な過ごし方ですね🌟
 

―お客様へ一言―

訪れてくれる人たちがほっと、安心できる、素敵なご縁をつなぐ場所としてお待ちしております。

STORE PROFILE

飲食店概要

店名 ごはんとおやつ ひなたぼっこカフェ
住所 大阪府阪南市箱作307豊大マンション101
交通アクセス 南海本線「箱作駅」より徒歩1分
電話番号 070-1795-0112
営業時間

午前11時から午後5時

定休日 日曜日、月曜日、木曜日(ワークショップのため)
取材日 2022年2月3日
リンク
飲食店一覧へ戻る