特別な日に行きたい、住宅街に佇む隠れ家のような懐石料理のお店『味所望』

このページをシェアする
店名 味所望
住所 大阪府堺市北区金岡町3005-25
交通アクセス 新金岡駅2番出口より徒歩9分/なかもず駅1番出口より徒歩9分 新金岡駅から762m
電話番号 072-257-2769
営業時間

昼11:30~15:00(最終入店13:00) 
夜17:00~22:00(最終入店20:00) 
日曜営業

定休日 水曜日・第3木曜日
取材日 2022年1月31日
リンク

こんにちは♪
ライターのさやかです!
毎日寒い日が続いていますね😢
春の訪れが待ち遠しいです🌸
さて、今回は隠れ家のような懐石料理屋さんをご紹介します!

味所望

新金岡駅、なかもず駅より徒歩9分。
住宅街の一角にひっそりと佇む、日本料理、懐石料理のお店「味所望」。

日本料理界の巨匠、湯木貞一氏が創業者である「吉兆」の料理を軸に、店主と奥様、息子さん三人でお店をオープン!
現在は店主、奥様、息子さん、使用人の方お2人の計5名で営業されています。

「味所望」という店名は茶道で使われる言葉からきているそうです✨
“所望”という言葉を店名に使っているのは、全国でこのお店だけ!!
つまり「味所望」という店名は世界に一つしかないんです!!
世界に一つだけの名前ってとても素敵ですよね✨

お店のこだわり

店主の清水さんには大切にしている言葉が三つあります。
湯木貞一氏が残した「花鳥風月皆料理なり」「料理の器は着物なり」

「花鳥風月皆料理なり」

ー自然の景色、日本の文化、日常生活で感じたことを料理に盛り込むということ。

「料理の器は着物なり」

ー料理を引き立てること。料理を大事な人と見立て、丁寧に着飾るという親心のような気持ちも含まれます。

さらに、店主自身のお言葉である「美味真心」

「美味真心」

ー真心を込めたおいしい料理、またおいしい料理には真心がこもっているという意味。

この三つの言葉を大切に、「味所望」は営まれています。
店主の清水さんは、掃除や野菜の洗い方などにも、お客様に提供するという心を込めることで料理においしさが加わるといいます。

日本の四季折々の食材を大切に料理するためには準備が必要です。
そのため、お店は完全予約制です。

季節の食材を使ったこだわりのコース料理

「味所望」こだわりのコース料理を少しだけご紹介します😊

・お造里

伊勢海老、鯛、などの旬の魚を、季節によって演出を変えて提供しています。
写真は夏のお造里です!
氷でできた器に乗せることで夏でも涼しさを演出✨

・焼物

この写真は紀州備長炭で炭火焼きした鮎の焼物です。
9月は子持ちの鮎(落ち鮎)を楽しむことができます🐟
写真は鮎を泳いでいるように盛り付け、紅葉を添え、秋を演出しています🍁

・炊合せ

この写真は木積筍、若布、春若芋、木の芽の炊合せです。
素材の味を邪魔しない、かつ引き立てる程度の塩と淡口醤油で炊き上げています!

この炊合せに使われている木積筍。
実はとても貴重な筍なんですΣ(・□・;)

4月に大阪の貝塚市で採れる筍で、東京からも取引されるんだとか。
やわらかい土の中で育ち、ほとんど土をかぶって育つため、こんなに真っ白なんです^_^

お店のお味をご自宅で!!

コロナ渦でおうち時間がどうしても増えてしまい、なかなかお店に出向けないという方もいらっしゃると思います😢
「味所望」では御弁当を販売したり、料理教室を開催したりしているので、お店の味をご自宅で楽しむことができます✨

・御弁当


懐石二段御弁当  6000円(税込)

懐石三段弁当  8000円(税込)

御弁当の内容は季節によって変わります!
一段は冷たい状態のまま食べる料理、一段は電子レンジで温められるように耐熱容器に入れられた、温かい状態で食べる料理。
一つの御弁当でお店のようなコース料理をいただくことができます✨

・料理教室

料理教室では、できるだけ手間のかからない、家で実践しやすい料理を教えていただくことができます!

まとめ

今回は、懐石料理のお店「味所望」をご紹介しました♪
特別な日、ちょっと贅沢をしたい日などにおすすめです😊
是非足を運んでみてください✨

STORE PROFILE

飲食店概要

店名 味所望
住所 大阪府堺市北区金岡町3005-25
交通アクセス 新金岡駅2番出口より徒歩9分/なかもず駅1番出口より徒歩9分 新金岡駅から762m
電話番号 072-257-2769
営業時間

昼11:30~15:00(最終入店13:00) 
夜17:00~22:00(最終入店20:00) 
日曜営業

定休日 水曜日・第3木曜日
取材日 2022年1月31日
リンク
飲食店一覧へ戻る