大阪のわらび餅と言ったらコレ! わらび屋本舗 初芝駅前店

このページをシェアする
店名 わらび屋本舗 初芝駅前店
住所 大阪府堺市東区日置荘西町2-3-8
交通アクセス 初芝駅から78m
電話番号 072-285-9011
営業時間

9:00-20:00

定休日 無休
取材日 2022年5月24日
リンク

みなさんこんにちは!学生ライターのノアです^^ 以後お見知りおきを。

つい最近、寝坊しました。

一限があったため七時に起きるつもりが、アラームの音に気付かず、八時に起きてしまいました。

九時からの授業に何とか間に合ったものの、起きた瞬間絶叫しました。

朝はいつになっても強くなれない...

というどうでもいい私の話は置いておいて、今回は、とろとろ食感が特徴の『わらび屋本舗』さんをご紹介していきます。

とっても素敵なわらび餅をご紹介するので、ぜひ最後までご覧ください!

わらび屋本舗


皆さん、わらび餅と言ったらどんな感じのものを想像されますか?

多くの方は、弾力のある、透明のわらび餅をイメージされるのではないかと思います。

実際、私もそう思いました。

しかし、ここ『わらび屋本舗』さんのわらび餅は違います。

看板にも書いてある通り、わらび餅が『とろとろ』なんです!

お箸でつかんでも、そこからスルッと落ちてしまうくらいとろとろなんだとか。

店内はこのようになっています。


このお店は、わらび餅だけではなく、他の和菓子や洋菓子も販売されています。


イートインのスペースはなく、手土産で買って帰られるお客様が多いとのこと。


ショーケースに入っているわらび餅が輝いて見えます!(^^)


オススメ・人気商品


続いてはみなさんお待ちかね、オススメ・人気商品をご紹介していきます!


とろとろわらび餅(プレーン) 小 540円 中 756円 大 1080円 (税込み)

まず初めにご紹介するのはこちら、『とろとろわらび餅』です!


サイズは三種類で、小は7-8切れ、中は11-12切れ、大は15切れほどの小さく切られたわらび餅が入っています。


小なのに7-8切れも入っているのか!と驚きました。


この商品が一番人気で、お店の方も、「初めてご来店されるお客様にはまずこれを食べてほしい」とおっしゃっていました。


そして実は、このわらび餅には『小豆』が入っているんです!


驚きですよね!


私も小豆の入ったわらび餅というのは知らなかったので、どんな味がするのかと、とても興味が湧きました。


小豆が入ったわらび餅の上から、焙煎されたきな粉がかけてあります。


写真では、きな粉がかけられているため分かりにくいとは思いますが、小豆が入っているため、わらび餅も少し小豆色になっています。


とろとろの食感の中に、小豆の皮の食感、そしてきな粉の風味とがとてもよく合った商品です。


この他にも、白あんやほうじ茶のわらび餅がありますが、一番小豆の甘さを引き立ててくれるのが、このプレーンとなっています。


小豆の入った、とろとろ食感のわらび餅ってどんなのだろうと気になった方、ぜひ食べてみてください(^^)


きな粉餅(8個入り)648円(税込み)

続いてはこちら、『きな粉餅』です!


わらび餅ではないのですが、こちらの商品も人気だそうです。


白いモチモチのお餅の上にみたらしをかけ、その上から焙煎されたきな粉がかけてあります。


みたらしときな粉が合わないわけがありませんよね♪


店員さんによると、先程紹介したプレーンのわらび餅とこのきな粉餅をセットで買っていただくのが、オススメなんだそうです!

これを『黄金セット』と呼んでいるそうです!


か、かっこいい...


この他にも季節限定商品などがあるそうで、夏の季節には『葛饅頭』が販売されるそう。


今年は、6/1~7/15頃までは、こしあんと塩粒あん、7/15~8/31頃までは、ゆず、岡山白桃、赤肉メロンの計五種類が販売されるそうです。


気になった方は、是非そちらの方もチェックしてみてください^ ^


最後に


大阪のわらび餅と言ったらコレ!」と皆さんには思ってほしく、そのために、いつ買っても同じとろとろさ、同じ硬さをキープすることを心掛けているそうです。


わらび餅を同じ硬さでキープすることは本当に難しいらしく、しかしお客様のことを想って日々努力されています。


取材を受けて下さった本田さんは、「他では味わえない『とろとろ』食感のわらび餅を、ぜひ一度食べに来てください!」とおっしゃっていました!


他では味わえない食感のわらび餅を、みなさん、食べに行きましょう!