日本三大タオルの一つ「泉州タオル」はどんなタオル?


こんにちは、ライターのかおりんです。
今回は、みなさんが普段使っているタオルについての豆知識を紹介します。

みなさんが普段使っているタオルですが、タオルの産地がどこにあるか知っていますか。

日本には、有名なタオルの産地が3つあります。
1つ目が愛媛県の「今治タオル」、2つ目が三重県の「おぼろタオル」、3つ目が大阪府の「泉州タオル」です。

今回は、3つ目の「泉州タオル」について解説していきます。

泉州タオルは、大阪府の泉州地域で生産されているタオルです。
約130年もの伝統があり、現在は国内生産量を47%も占めています。
この泉州タオルが他のタオルと比べ、優れている点は以下の3点です。
・吸水性の良さ
・肌触りの良さ
・清潔感

まず、泉州タオルは吸水性にとても優れています
「水をこぼしてしまった」「お風呂上がりに身体をふきたい」という時にも、さっと水を吸収し、ふきとることができるため、日常使いがとても良いです。
また、タオルの肌触りもふんわりしているため、お肌が弱い方などにも使っていただけます。

そして、泉州タオルの最大の特徴は、後晒し製法で作られていることです。
タオルを織る工程の一番最後に漂白、水洗いをしているため、1番清潔な状態でタオルを使うことができます。

泉州タオル、いかがだったでしょうか。
泉州タオルは、普段使いにもプレゼントにもおすすめのタオルです。
気になる方は、ぜひ泉州タオルを使ってみてください。

泉州豆知識に戻る