044
井上米殻店
  • 堺市
    • 小売業
  • 1950年創業

これからは、生産者・栽培過程がわかるお米を食べる時代

これからは、生産者・栽培過程がわかるお米を食べる時代

減農薬特別栽培米のおいしいお米販売店。新潟県南魚沼産こしひかり等、大阪府堺市の井上米穀店。

044
井上米殻店

これからは、生産者・栽培過程がわかるお米を食べる時代

減農薬特別栽培米のおいしいお米販売店。新潟県南魚沼産こしひかり等、大阪府堺市の井上米穀店。

  • 堺市
    • 小売業
  • 1950年創業

企業のこれまでとこれから

御社の創業から現在に至るまでの歴史について、転換点となった出来事を含めて教えて下さい。

1950年頃から精米所を営み、1968年からは液化石油ガス販売事業者として事業を広げました。2004年の食糧法改正によって、今日は一定の要件を満たせば農家が自由に販売先を決められるようになりましたが、井上米殻店は当時では珍しい農家と直接契約(南魚沼・秋田など)を行うなど、先進的な取り組みを行っていました。

現代表になってからは、お米やガスといった商材だけでなく時代に合わせて食品やお酒・注文販売など幅広く販売するようになりました。2年前からヤマダ電機の家電を紹介することや電気工事・設備工事なども、お手伝いすることができます。地域の人々の住まいに関するトータルコーディネーターとして、人々の暮らしを手助けしています。

御社の現在の事業これからの展望について教えて下さい。

昔ながらの米屋として地域では信頼があるため近隣の方々の住環境を中心に何でも気軽に相談してもらえることが強みです。現代は、便利なため調べれば何でも分かりますし、安くて良いものが手に入りやすい時代になりました。しかし、その変化の激しい時代に対応しきれない人々にとっては少し冷たい世の中になったような気がします。そういった方々を救えるのが私たちのような何でも屋だと思います。

また、お米に関しては南魚沼産・あきたこまちだけでなく、コウノトリを育むお米「特別栽培米 減農薬但馬産こしひかり」を取り扱っています。そのお米の売上は、コウノトリの保護育成資金として寄付するなど、自然を大切にするための地域貢献も行っています。

企業から見た地域の魅力について

御社から見た堺・泉州地域の魅力について教えて下さい。

古墳や伝統産業が受け継がれており、歴史を大切にする街です。また、地域の人との交流を大切にする街でもあります。私は、町内会での活動や議員の後援会長などをさせていただいておりますが、あらゆる相談を受けたり、地域の活動を通して日々勉強させていただいております。そのため、お店としても個人としても地域の発展に貢献していきたいと思っています。
また、個人的な想いとしてはかつて堺が中世の時代に貿易都市として発展したように、堺が起点となってイノベーションが生まれるような街になることを願っています。

企業が求める人材像について

御社に応募していただきたい人材像について、具体的に教えて下さい。

個人商店なので人は募集していません。いろんな商材を取り扱っていますが、やはり美味しいお米を皆さんに食べてもらいたいと思います。そのため、協業したい相手としては地域の飲食店でお米を扱っている場所ではうちが直接取り寄せている南魚沼やあきたこまちの米を使ってもらえると嬉しいです。最近では、お米を食べる人が減ってしまいましたが、古来よりお米を食べることで日本人は健康を維持していました。肥満の対策にも繋がるため、皆さんにお米を食べていただきたいです。

ひとを知る

代表
井上 保彦

井上米殻店3代目当主。大学卒業後は、ハウスメーカーで賃貸物件の営業を2年程行い、その後井上米殻店を継ぐ。元は、お米の販売や液化石油ガス販売などを行っていたが、時代の流れに合わせて取扱商品やサービスの幅を増やした。現在では、食品・アルコールをはじめ家電・電気なども扱うことができる地域の万事屋的存在となった。また、大阪府議会議員の後援会長を務めるなど、本業だけでなく地域貢献に力を入れている。

企業プロフィール

企業名 井上米殻店
所在地 〒599-8112
大阪府堺市東区日置荘原寺町479-2
創業年 1950年創業
従業員数 3名
代表者 代表 井上 保彦
事業内容
  • 小売業
WEBサイト リンクはこちらから

おすすめ企業

せきやまたいち一級建築士事務所

構造躯体の安全性を確保し、建設工事を意識したコスト管理を実現します

トーケン

創業をここ泉州で60年になり、アミューズメント業界や、販促業界、産業用として様々な用途でコインを使用し、業界をサポート

企業一覧へ戻る